1. ジョブズ 採用サイトTOP
  2.  > JOBSを知る
  3.  > リクルートジョブズの取り組み
  4.  > case02

リクルートジョブズの取り組み

新規事業開発への挑戦

プロジェクト概要

これまで「人材採用」に限定されていたリクルートジョブズのサービス領域。さらに多くのシーンで価値を提供できるよう、「全労働人口」がターゲットになる新事業の開発を進めています。

イギリスやアメリカの歴史を紐解けば、1970年代から80年代にかけて、製造業からサービス業に大きく経済の構造が転換しています。そして日本においても、10年から20年遅れで同様の変化が起きています。そこで問題になってきているのが、その変化に合わせて日本の労働マーケットが柔軟に対応しきれていないということ。サービス業に分類される企業群では、中小企業が大半を占めており、労働環境や制度設計を個社で最適化していくには、体力的にもノウハウ的にも難しい面もあるのが現実です。?

いま我々が立ち上げようとしている新サービスが動き出せば、日本の労働マーケットを劇的に変えるきっかけになると信じています。将来的にはさらに機能やサービスを拡充させ、日本中の労働マーケットを最適化する『社会インフラ』としての機能を果たしたい、というのが当面の目標です。

開発中のこのサービス、世の中に類似商品はありません。つまり競合もいないが、お手本になる会社もない。最終的に何をやらなきゃいけないかさえも、手探り状態。普通なかなか、そんな仕事ないですよね。目指すゴールや事業としてあるべき姿までも自分たちで決めていく。一つ一つ整理しながら、試行錯誤と決断の連続です。

? 仕事、労働、働く、という領域を支えるリクルートジョブズ。新規事業の視点としても、そのサービスでどれだけ世の中にいい影響を与えられるか、という点がとても重要です。世の中のすべての人と企業を対象として、より良い環境を生み出すことを考え続けていきたいと思います。

プロジェクトメンバー

01 事業開発室 事業開発部 事業開発グループ 沓水 佑樹

 日本の労働マーケットにイノベーションを起こすべく、新サービスを開発するプロジェクトを立ち上げました。立ち上げ時はひとりだったので、とにかく全てをやらなくてはいけない。まず、クライアントの人事部や店舗などの現場へ行き、具体的でリアルな課題のヒアリングからスタート。海外労働マーケットの調査のためにアメリカへも足を運び、綿密に情報収集を続けました。そしてアイディアが固まってきたら、社内の部署間の調整、経営陣へのプレゼンを経て、ようやくチームとして本格的に動き出します。絶対にやるんだという強い気持ちでプロジェクトを推し進めてきました。
 一番神経を使ったのは、チームビルディングですね。まだ世の中にないサービスを作るこの仕事に、絶対の答えはありません。みんなが悩み、迷い、試行錯誤を繰り返します。だから、何度も何度もみんなにゴールを伝え続けました。おかげで自分自身もブレずに進んで来れたように思います。「全員で同じゴールを見据えておくこと」。チームで一つのことを成し遂げるためにとても大事だと実感しています。

02 事業開発室 事業開発部 R&D推進グループ 染谷 健太郎

 沓水さんが最初に動かし始めたプロジェクトのバトンを引き継いでいます。事業開発部では同時にいくつものプロジェクトが動いているので、人も流動的に動きます。今私が取り組んでいるのは、人と企業のマッチングにおいて大きな改善をもたらすであろうサービスです。ただ、新しいサービスなだけに、私たちが良いと思っている点もなかなか理解してもらえなかったり、お客様の求めているものとのギャップに気づくことも多い。それを解決する方法を検討し、ブラッシュアップを繰り返している最中です。?
 私個人のことを言えば、営業部から事業開発部に異動して一年、大きく自分が変わったなと実感しています。事業開発部では、社内外の様々なパートナーと共にビジネスを作っていく、ビジネスの全体像を把握する力が求められます。今まで見えなかった世界が見えるようになって、視野が広がりましたね。

03 事業開発室 事業開発部 事業化推進グループ 石田 幸輔

 新サービスを開発するためのプロジェクトを、沓水さんとビジネスモデルを考えるところから二人三脚でスタート。外部パートナーへの交渉や、ベンダーとのシステム開発、クライアントとのやりとりなど、事業化する上で必要なヒト・モノ・カネを決めて実行してきました。
 プロジェクトを進める上で大切にしていることは、パートナーとの信頼関係。新しいものを一緒に作るというのは、パートナーにとってもリスクを負ってチャレンジするということ。生半可な気持ちでは踏み込んでもらうことはできません。でも、私たちが事業を成功させるためには外部パートナーの力は必要不可欠です。信頼してもらえるように、膝を突き合わせて思いを伝える。どんなに小さなことでも、嘘をつかない、出来ない約束はしないなど、誠実であることが大切です。同じゴールへ向かって、熱意を持って走ってもらえるパートナーと巡り会えるかどうか。それが、プロジェクトの大きな肝となります。